志望動機について

今回は40代の履歴書における志望動機について、述べてみたいと思います。志望動機は採用する基準となる重要なものです。しかしほとんどが中途半端なものだと言う印象です。



理由は簡単で、何の支障もない別の企業でも提出できる内容だからです。つまりインパクトがない。ただの雛形にすぎない!と言う印象です。



応募先の企業の経営理念などに共感し、それを志望動機にされることがありますが、採用側とすれば薄っぺらに感じます。サイトから拾ってきたのでは?くらいにしか感じません。



新卒の方ならそれで通用するかもしれませんが、中途採用しかも40代になるとそうはいきません。やはりインパクトのあるものが欲しいところです。


転職活動は忙しいもの。応募先の企業研究の時間も大変でしょう。だからと言って薄っぺらい内容では、厳しい競争を勝ち抜けないでしょう。

●効果的な表現方法とは?

今までの履歴から下記の4パターンのどれに該当するか見極めます。

@同業界・同業種への転職
A同業界・異業種への転職
B異職種・同職種への転職
C遺業種・異職種


@の場合、今までの経験を生かすと言う台詞ならOKですが、Cなら無理です。つまりこのように細分化して考える方がスムーズに志望動機の文章が作成できるでしょう。

40代の場合、未経験者以外は「やりたい」「興味がある」など自分の気持ちを出すのはNGだと思っていてください。

40代は30代も含め、出来れば管理職待遇になりますから、新卒、未経験者とは違い工夫する必要があります。

ポイントは自分が何が出来るか、貢献できるか、応募先に応じたオリジナルなものがおすすめです。ちょっと格好いい言い方すれば面接官、採用係の人の心を揺さぶるくらいの志望動機を作ってみてください。
【おすすめ記事】

女性の転職を成功させるコツとは?

どんな仕事があるのか?資料請求してみよう!

【よく読まれている記事】

1位:面接時のかばんについて

2位:面接時のネイルについて

3位:企業が女性雇用するメリットとは?

4位:面接時のストッキングについて

5位:面接時のストッキングについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。