外資系企業のメリット、デメリット

外資系企業で働くと言えば何だかかっこいいイメージがありますが、実際にはどうなのでしょうか?外資系と言っても米系、英系、仏系と様々な企業形態があり、一概にまとめることはできませんが、日本企業と比べての違いを述べてみたいと思います。

業種や企業の規模などによりますが、メリット、デメリットと言えば以下のような感じでしょうか。と言っても例外もありますが…。

【メリット】
まず平均的に給与が高いですね。さらに学歴やコネなどより実力主義での評価をします。それによって給与やポストも決まってきます。無駄な付き合いも無し。責任の所在が明確です。外国人の上司がいる場合、長期休暇が取れる可能性が高い。この辺はその企業の所在する国のお国柄と言ったところでしょうか。残業も無く、させない方針の会社が多いですね。

【デメリット】
突然、部署や会社そのものが無くなったりする。外資系企業は日本へ稼ぎにきているのであって、見込みが無いと判断するとその決断は早いです。外資系企業は日本企業のように、じっくり人材育成や市場開拓をするような傾向にはありません。また福利厚生などについては日本企業に比べて見劣りするケースがありますので事前のチェックが必要です。成果を出さないと居場所がなくなる可能性もあります。

かなり大雑把に書きましたが、こんな感じでしょうか?もちろんある程度の傾向として捉えていただければ結構です。外資系企業でも日本企業並に福利厚生がしっかりしている会社もあります。またじっくりと腰を据えてビジネスを展開していく会社もありますので、その企業へのリサーチをしっかりして転職活動をされる事をお勧めします。

【おすすめ記事】

女性の転職を成功させるコツとは?

どんな仕事があるのか?資料請求してみよう!

【よく読まれている記事】

1位:面接時のかばんについて

2位:面接時のネイルについて

3位:企業が女性雇用するメリットとは?

4位:面接時のストッキングについて

5位:面接時のストッキングについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。