何社応募するのか?

転職の際、一体何社くらい応募すればいいのでしょうか?いきなり希望の会社に採用されれば問題ありませんが、実際にはそう簡単に行かないものです。

本格的に転職活動をするのであれば、100社くらいは応募する気持ちでいても良いでしょう。期間は約半年くらい。1年位でも構いません。

希望の会社や職種、業種があったとしても、転職活動をしていくうちに知らない会社や、業種に出会うものです。転職活動はじっくりと腰をすえて行うのが良いでしょう。

ここで心配になるのは仕事を持っている人の転職活動です。雇用保険をもらって転職活動をしているのなら、すぐに面接にも行けますが、仕事を持っているのなら中々行けませんよね。

これはある程度スケジュールを調整するしかありません。休日に面接の予定を組むとか、有給休暇を活用するとか、ある程度工夫してください。

ただ、面接の際はご自分の現在の状況と気持ちをしっかりと伝える事です。面接する側も他企業の優秀な人材を引き抜くような気持ちになるのも事実です。もちろん現在勤めている会社にも、退職の際はきっちりとご自分の気持ちを伝えて円満退職をして下さい。これが大人の行動です。

さて、最初に100社くらいの応募と書きましたが、どの辺で決めれば良いのでしょうか?実はこれは結構難しい判断だったりします。アドバイスとしては『妥協しない事』ですね。定年退職するまで働きたい!と思える仕事や会社に出会うまで探す事です。或いは働きたい会社や仕事に出会う、募集するまでじっくり待つのもありです。頑張って下さい。

【おすすめ記事】

女性の転職を成功させるコツとは?

どんな仕事があるのか?資料請求してみよう!

【よく読まれている記事】

1位:面接時のかばんについて

2位:面接時のネイルについて

3位:企業が女性雇用するメリットとは?

4位:面接時のストッキングについて

5位:面接時のストッキングについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。