面接での質問について

面接ではどんな事を聞かれるでしょうか?一般的な質問と女性特有の質問に分かれると思います。

一般的な質問は
・志望動機
・今までやってきた仕事内容
・何ができるか、何をしたいか?
などが多いでしょう。

面接前に、必ず以上の点について整理しておく事をお勧めします。できれば紙に書いた方が良いでしょう。その方が記憶に残りやすく面接時でも落ち着いて話す事ができます。

ポイントとしては自分の長所をしかっりと把握しておく事です。

中でも『志望動機』に関しては、面接する会社によって違いがありますからいくつかのパターンを用意しておくのもいいでしょう。

ところで履歴書にも志望動機を書く欄があると思います。この欄に書いた事を言ってもいいのでしょうか?基本的には同じでも問題ないでしょう。この時は堂々と話しましょう。

実は履歴書に書いてある事を読むのと、話すのでは全然印象が違います。話すトーンで相手を見抜いたりします。そして観察してます。

また履歴書に書いていない事を付け加える際は『履歴書に書いている事の他に』と前置きをするのがベターでしょう。これも好印象を与えられます。

次に女性特有の質問についてです。

やはり、結婚や出産、子育てなどについての質問が多いでしょう。この点についてはしっかりとご自分の考えを伝えておいた方が良いです。もちろん採用されたいわけですから、仕事を続けていく意思がある事を主張する事が大切です。

ところで意地悪な質問をされる場合があります。内容は女性特有の質問の時もあります。この時は試されていると思ってください。

どのように切り抜けるのか?
どんな考えを持っているのか?
逆上しないか?
冷静でいられるか?
笑顔で答えられるか?

実はこのような質問をされている時は、かなり面接官に期待されていると考えてよいでしょう。つまり採用一歩手前です。もう実戦に入っていると考えてよいでしょう。

実際に働いてみると、思わぬ事態に遭遇するものです。それは想像をはるかに超えるものもあります。それが世の中です。わざと意地悪な質問をされても冷静に切り抜けて行きましょう。

| 面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【おすすめ記事】

女性の転職を成功させるコツとは?

どんな仕事があるのか?資料請求してみよう!

【よく読まれている記事】

1位:面接時のかばんについて

2位:面接時のネイルについて

3位:企業が女性雇用するメリットとは?

4位:面接時のストッキングについて

5位:面接時のストッキングについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。