履歴書の写真について

履歴書の写真について多くの方はスピード写真(インスタント写真)などで安く済ませたいと思っているのではないでしょうか?

実際に写りも悪くなく、そのように考える方が多いのは分かりますが、できれば写真屋さんで証明写真を撮ってもらうのがベストだと考えて下さい。

アルバイトなどの履歴書等では、スピード写真なら特に問題が無いでしょう。また時間が無い場合は仕方がないでしょう。しかし本格的に転職となると、写真屋さんでの証明写真をお勧めします。

また、スピード写真は一度きりですが、写真屋での写真なら何度も焼き回しが可能です。

実際に本格的に転職活動をしていくと、思い通りの結果にならないケースが多いです。つまり履歴書の写真がさらに必要になる可能性もあります。

最近ではパソコンで履歴書を作成する方も増えてきています。写真も貼り付けるのではなく、画像を貼り付ける方もいらっしゃいます。もちろんこの方法でなければいけない訳ではありません。従来通りの、写真貼り付けでもOKです。写真の裏には住所と名前をお忘れなく。

履歴書メーカー

履歴書の書き方

写真撮影での服装について

普段着での撮影は、避けて下さい。なるべくスーツまたはそれに似合う服装が理想です。

写真でもある意味、面接が始まっていると考えて下さい。スーツ姿の写真では、それだけの理由で除外される事は無いと考えられますが、Tシャツなどの普段着なら落とされる可能性は充分にあります。

またスーツの下に着るシャツ(ブラウス)もなるべく白いものが好ましいです。開襟ブラウスの場合、理は襟は出さない方が無難ですね。

しかし襟の大きさ、つまりナロースプレッドカラーでしたら出さない、ワイドスプレッドカラーなら出してもいいかも知れません。しかし着用するブラウスがワイドスプレッドカラーしかない場合と考えて下さい。ブラウスの襟は基本的に出さない方が好印象です。

写真撮影のメイクについて

派手なメイクは避け、ナチュラルメイクがベターですね。事務職でも販売のお仕事でもナチュラルメイクなら問題ありません。

アイラインやアイシャドウは控えめにしましょう。リップは顔色がきれいに明るく見えるベージュ系、グロスは写真では光るのでつけない方がいいですね。

マスカラも特にする必要はありません。ファンデーション、チーク、眉、程度でいいでしょう。髪の毛の色も黒が望ましいです。

一日中手触りサラサラ、化粧くずれナシ

【おすすめ記事】

女性の転職を成功させるコツとは?

どんな仕事があるのか?資料請求してみよう!

【よく読まれている記事】

1位:面接時のかばんについて

2位:面接時のネイルについて

3位:企業が女性雇用するメリットとは?

4位:面接時のストッキングについて

5位:面接時のストッキングについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。