面接時のかばんについて

面接時のかばんについて気になる人っていると思います。

基本的に派手なかばんを持っていくのはNGです。
スーツに生地の色に合った黒いかばんが一般的です。

こんな感じのかばんでOKです。

ビジネスバッグ


さて面接時、かばんはどうしたらいいのでしょうか?

会場によって違いがありますが、丁寧な企業だと私物を置く場所を準備しているところもあります。最初に確認しておきましょう。もちろん私物を置く場所にかばんを置く場合、かばんの中に貴重品入れないほうが無難です。かばんを預けたら必要な物を持って面接会場に行って下さい。この時履歴書などの書類は封筒に入れて持っていっても構いません。

かばんを置く場所が無い場合、かばんはどうすれば良いでしょうか?

挨拶を済ませて支持があれば椅子に座って下さい。この時、かばんは床の上に置きましょう。足元の前か横で結構です。隣の椅子が空いていても椅子の上には置かないで下さい。面接官の指示があればそれに従って下さい。

かばんの中に入れるものは
・手帳、メモ
・筆記具
・履歴書、職歴書
・財布
・携帯電話(電源はOFF)
くらいにして下さい。色々と入っていると変に怪しまれるかもしれません。

かばんと言っても色々なタイプがあります。基本的には黒のビジネス用が良いのですが、ショルダーバッグはどうでしょうか?

悪いわけではありませんが、良いとも言えませんね。肩からぶら下げて入室するのは、少し印象が悪く思われるかもしれません。この場合は、入室の際にはベルトを短くするか、ベルトを外してかばんを手で持って入室するようにしましょう。

次にかばんの色はどうでしょうか?

女性のかばんは黒ばかりではありませんよね。ベージュのような色もあります。派手なデザインでなければ黒以外のかばんでも問題ありません。なるべく地味な色で単色になっているかばんなら問題ありません。間違っても花柄やカゴバッグなどは避けて下さい。
| 面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【おすすめ記事】

女性の転職を成功させるコツとは?

どんな仕事があるのか?資料請求してみよう!

【よく読まれている記事】

1位:面接時のかばんについて

2位:面接時のネイルについて

3位:企業が女性雇用するメリットとは?

4位:面接時のストッキングについて

5位:面接時のストッキングについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。