企業が女性雇用するメリットとは?

女性が雇用されるメリットとは?

戦後の高度成長期には、女性の職場と言えばコピー、お茶出しなど雑用を中心としたものや、受付、電話受付などが主流でした。しかし世の中が多様化していき、女性の能力を必要とする企業や業界が出てきました。

多様化する世の中で、各企業も対応を迫られました。今までの企業のあり方を改善する必要性に直面した時、その解決策として女性の雇用、再雇用を行うことによって乗り切った会社が存在するのは言うまでもありません。

1985年に、男女雇用機会均等法が施行され、その後働く女性が年々増えています。この傾向は今後も続くと予測されます。

女性が働く時、今までネックとなっていたのが結婚や出産、子育てでした。企業も腰掛で働いていると位置付けしていましたが、逆にこれを上手く取り入れる事によって双方の要求が満たされる事にも成功しました。

もちろん男性には無い性格や習慣、感性なども企業が求めていた要求であったケースもあります。転職でもこれらを知った上で行うと良い結果が得られる可能性が高いと言えます。


○パートタイムによる時間制約

既婚女性で特に育児、子育てに追われている女性にとって、フルタイムで働くのは困難な場合が多いでしょう。しかし、雇用される女性のライフスタイルに合わせて、雇用側がシフト制などを活用し乗り切ることが可能です。よくあるのがスーパーマーケットなどのレジ係ですが、より優秀な人材を求めている企業であれば、例えパートタイムの女性でも積極的に採用をするでしょう。もし自分の能力に自信があるのであれば、応募条件に合わなくてもアピールすると良い結果になるケースがあるかもしれません。


○市場における女性特有の感覚

女性のみが消費する商品やサービスなら、従来どおり商品開発には女性が関わっていますが、そうでない商品に関しても市場拡大のために、女性のセンスを活用する時があります。男性には気が付かない細かい点を改善したり、また本来女性特有のアイデアや価値観と言ったものを取り入れる事により、場合によっては直接利益に結びつかないが、イメージアップや社会貢献に役立つケースです。もちろん収益アップに繋がるのが望ましいのですが、長期戦略の場合上記のようにイメージ戦略を行う企業も少なくありません。また女子高生や女子大生と言った若い女性にアプローチする事により、今後の商品開発のヒントや改善の参考にする事もあります。モニターなどはその一例です。言い換えると色々な分野で、今まで入り込めなかった女性特有の感覚を上手く取り入れるかは企業、経営者のセンスを問われるところと言えそうです。


○社内改善における女性の立場

この点は各企業、各会社によってかなり違いがあるでしょう。本来男性より、女性の方が細かいところに気が付く傾向にありますが、そのようなメリットを生かし、社内改善を行うことが可能です。女性の特質は、細かいところに気が付く事だけではありませんが、企業側、経営者側がその点をよく理解し、実践するのであれば高い確率で成功するでしょう。男性も女性も働きやすい環境の会社なら、あらゆる面で企業力がアップしているはずです。
| 雇用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【おすすめ記事】

女性の転職を成功させるコツとは?

どんな仕事があるのか?資料請求してみよう!

【よく読まれている記事】

1位:面接時のかばんについて

2位:面接時のネイルについて

3位:企業が女性雇用するメリットとは?

4位:面接時のストッキングについて

5位:面接時のストッキングについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。