職歴書の書き方

中途採用など、応募する側にとって即戦力を求める場合、この職歴書はかなり重要な意味を持ちます。

応募する企業、会社側が一番気になるところです。

採用される職歴書の書き方のポイントは、今までの職歴をしっかりと分析でき、自己アピールができるかにかかってきます。

今までの職歴が、応募する側の求める内容に合っているかどうかが重要になってくるため、応募先によってその内容を変える必要があるかも知れません。

応募先の企業、会社に合わせ、職歴の内容は詳細で具体的に、さらに実績まで記載した方が良い結果を生む可能性があります。

また、専門職や、技術職の場合は別紙にしてさらに詳しくする事により、職歴書として分かりやすいものになります。

○職歴書の書き方の注意点○
●成果のプロセス
今まで成し遂げた仕事でもっとも成功したもののプロセスを分かりやすく、簡潔に書きましょう。

なぜ、うまくいったのか?方法は?などです。
応募する側にしっかりとアピールしましょう。

●具体性があるか
抽象的な表現はかなりマイナスになると考えて良いでしょう。分かりやすいのは数字ですが、もちろん相手に分かりやすくする必要があります。

面接官に、実際に働いてる姿をイメージできるような表現が望ましいと言えます。

●オリジナリティがあるか
いくら実績があっても、それだけでは採用に至るほど甘くはありません。実績を上げたなら、そこでどのようなアイディアを用いたかを書くことにより、より一層あなたの実績が輝いてきます。また、そのアイディアを用いる事の非凡性も書く事ができれば好印象を与える事ができます。

●自分の短所も書く
自分の短所を書く場合、好印象を持たれないような感じがしますが必ずしもそうではありません。短所を書くと言うより、これからのあなたの課題を書くと言った方が的確かも知れません。

嘘偽りの無いあなたの姿を書く事により、応募側に好印象を与える事ができます。

★履歴書封筒にまで気を使う
有能な面接官、人事部は履歴書の封筒までチェックしていると思っている方が無難です。

まず、封筒の種類ですが、履歴書、職歴書共に折り曲げずさらに濡れていない状態で読まれる方が望ましいと言えます。

募集要項に指定が無くてもクリアファイルに入れ、少し大きめの封筒で、同時に厚紙などを入れれば大丈夫でしょう。

封筒の書き方に関してですが、誤字脱字はもちろん駄目ですがバランスの取れた書き方をしましょう。また、あて先が長い場合は二行にしても構いません。

最後に、履歴書、職歴書は転職において重要です。送付時は、紛失を避けるため、簡易書留など追跡できるサービスを使うのが無難と言えます。

ペン字革命!動画レッスンと自分だけのお手本で効果的に美文字をゲット!【100万人の美漢字ノート】


【おすすめ記事】

女性の転職を成功させるコツとは?

どんな仕事があるのか?資料請求してみよう!

【よく読まれている記事】

1位:面接時のかばんについて

2位:面接時のネイルについて

3位:企業が女性雇用するメリットとは?

4位:面接時のストッキングについて

5位:面接時のストッキングについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。