履歴書の書き方

応募者の多くは内容にこだわる傾向にあり、学歴や動機などに重点を置きます。しかし、人事部や面接官の人たちは履歴書の書き方にも、かなりの重点を置いている事を知っておくべきです。

特に、先に書類選考があるケースでは履歴書の書き方が全てと言っても過言ではありません。

また、いきなり面接の場合でも、初対面同士が話すわけで、この履歴書を元に話を進める事になり、どちらにしても履歴書の書き方は注意する必要があります。

○履歴書の書き方の注意点○
●丁寧に文字が書けているか
文字が上手いにこした事はありませんが、ゆっくりで構わないので丁寧に書けば、自然と美しく見え、面接官への印象も変わってきます。

ペン字革命!動画レッスンと自分だけのお手本で効果的に美文字をゲット!【100万人の美漢字ノート】



●文章の使いまわしはしない
いくら複数の企業に応募するからと言って志望動機などを使いまわしするのは良くありません。このような文章は面接官に一発で見抜かれると思ってください。

志望動機は募集した企業からも興味のある内容ですので、誠意を持って記載すべきです。

●履歴書の内容について
当然の事ですが、採用されたいと強く思うあまり、嘘を記載してはいけません。また、転職にあまり関係のない事項の記載はかえって好印象にならないケースがあります。転職に関する事項以外はあまり書かないようにしましょう。

●誤字、脱字は無いか
履歴書を提出する前に一度、信頼のおける人物にチェックしてもらうのも良いでしょう。訂正部分が発生した場合、修正液をしようするのはタブーです。それだけで不採用になるかもしれません。必ず下書きをして、チェックの後に清書するのが望ましいと言えます。

また、パソコンを使えばきれいにプリントでき、修正も可能です。

●写真は写りのいい物を
当然ながらスピード写真は止めましょう。できれば写真屋でカメラマンに撮ってもらった写真が良いでしょう。しかし、写りを良くしたいからと言っても修整のやりすぎはタブーです。面接の際、別人と思われるとかえって印象が悪くなります。

また写真の裏には名前と住所を書いておく方が親切と言えます。応募者の多い場合、誤って履歴書から写真がはがれてしまうなどのトラブルが発生した場合、裏に氏名等を書いておけば誰のものかすぐに分かります。もちろん、履歴書に貼る時はしっかりと貼りましょう。

●志望動機の記載ポイント
志望動機は簡潔にまとめる事が大切です。

なぜ、その業界を選んだのか?
なぜ、その会社を選択したのか?
なぜ、その仕事をしたいのか?

など、ポイント事に書きましょう。

●自己PRの注意点
自己PRは、その企業、会社の応募内容などを意識して書くのがポイントです。

・求められている技量を意識した内容
・自分が他人と比べて優れている行動レベル

などがあります。

※履歴書は、応募者側に誠意が伝わるように書きましょう。

履歴書メーカー
【おすすめ記事】

女性の転職を成功させるコツとは?

どんな仕事があるのか?資料請求してみよう!

【よく読まれている記事】

1位:面接時のかばんについて

2位:面接時のネイルについて

3位:企業が女性雇用するメリットとは?

4位:面接時のストッキングについて

5位:面接時のストッキングについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。