面接時のメイク

女性が転職をするのであれば、面接のときのメイクにも注意してみましょう。

普段のメイクで十分と考えている方も多いかもしれませんが、面接という短時間で自分を知ってもらうために、少しでも好印象が与えられるようにしたいものです。

顔色が悪いと疲れているようにみえるので、ファンデーションも肌色を明るく見せるために必要で、濃くなりすぎないようにしましょう。

口紅も、落ち着いたベージュなどの色味のほうがよいです。濃い色では派手な印象が強くなってしまうからです。

転職の面接のときに、メイクにまで気を回せるほど余裕がないと思われているかもしれませんが、女性であるからこそできることなのです。

メイクによって見た目の印象を変えることができるのですから、例え面倒であっても、メイクに対する努力は惜しまないほうがよいでしょう。

もちろん派手すぎやノーメイクはNGです。シャドーやアイラインを濃くしすぎたりグロスをつけすぎたりというのも、印象が良くありませんが、あまり地味でも暗い印象になってしまいます。明るく清潔感のある、また年配の人相手でも印象良になるようなメイクを自分なりに探してみてください。

また髪型やカラー、ネイルについては、多少明るい色の髪は問題ありませんが、自分ではそうでもないと思っていても意外に茶髪は注意が必要です。明るすぎると派手な印象になってしまいます。また長い髪の人はおじぎをした後や話している最中に何度も髪を掻き上げるなどすると下品に見えるので、束ねておくなどしてまとめておきましょう。

ネイルは落ち着いたベージュなどの色で無地にします。ネイルが派手だと、面接官にあまりいい印象は与えません。

ネイルスクール
ネイルスクールで転職を有利に!
| 面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【おすすめ記事】

女性の転職を成功させるコツとは?

どんな仕事があるのか?資料請求してみよう!

【よく読まれている記事】

1位:面接時のかばんについて

2位:面接時のネイルについて

3位:企業が女性雇用するメリットとは?

4位:面接時のストッキングについて

5位:面接時のストッキングについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。