面接時の服装について

面接の定番は男性女性に限らず、スーツが一般的で印象も良いようです。

ではどんなスーツが良いのか、という点ですが、新卒と違い転職の場合は、必ずしもグレーや濃紺のリクルートスーツでなければいけないという事はありません。

ではスーツさえ着ていれば良いかと言うと何とも言えませんが、周りと違和感の無い着こなしをしていればいいでしょう。

スーツはダークなものであっても、ブラウスの色を淡いピンクや水色、クリーム色などの色つきのものにすると印象が柔らかくファッショナブルになります。

ただしフリルのついたものや柄もの、一目でブランドのわかる服装は避けたほうがよいでしょう。これはバッグや靴、時計などにも言える事です。

まずはおしゃれでなくてもよいので清潔感を持つことです。年上の人に見てもらうことは大切な事です。また防虫剤のにおいなどもチェックしておきましょう。

スーツ以外ではしわのないシャツ、磨いた靴なども清潔感を印象付けます。また髪形やひげ、アクセサリーや香水はなるべく控えましょう。

靴についてですが、歩きやすい低めのヒールのパンプスにしましょう。黒か茶色などの落ち着いた色のものを選んびましょう。ミュールなどは厳禁です。靴もまた服装にあわせたコーディネートをよく考えましょう。

小物についてですが、まず指輪です。結婚指輪だけで充分ですので過剰につけないようにしましょう。 ブレスレット、揺れるイヤリングやピアスもNGです。また時計についても、フェイスの大きすぎるものや豪華なもの、ブランドだとすぐにわかるものやカジュアルすぎるものも良くありません。時計については服装と釣り合いのとれる清楚な時計を着けましょう。

ストッキングも重要な服装の一部です。ベージュ系のナチュラルなものを選びましょう。おしゃれでも柄ものやタイツはNGです。ストッキングは予備を準備しておくと伝線に気付いたときに履き替えられるので精神的にも余裕が出ます。

スーツや靴などは、面接当日にはじめて着たり履いたりするのではなく、少なくとも何日か前には一度袖を通すなり履くなどしてならしておくことが大切です。

しっかりとマナーを守り、素晴らしい転職活動になる様に心がけましょう。
| 面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【おすすめ記事】

女性の転職を成功させるコツとは?

どんな仕事があるのか?資料請求してみよう!

【よく読まれている記事】

1位:面接時のかばんについて

2位:面接時のネイルについて

3位:企業が女性雇用するメリットとは?

4位:面接時のストッキングについて

5位:面接時のストッキングについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。