女性医師の転職について

女性医師の転職について

2000年の医師国家試験より、合格者の示す女性の割合は増えています。女性医師が増えるというのは喜ばしいですが、実際には研修医時代や医師としてのキャリアを形成する時期に、結婚や出産、育児などで一線を退いてしまうケースもあるでしょう。解決策として厚生労働省では地方での医師不足や、女性医師の働きやすい職場環境を得るため、女性医師専用の医師バンクの創設にも乗り出しています。

当然ですがたとえ医師であっても、開業できなければ就職しなくてはなりません。以前は大学の医局に頼った就職活動が主でしたが、最近ではインターネットや雑誌などによって勤務先の病院を探す医師も増えてきているようです。参考までにこのサイトの右上にあるGoogleカスタム検索で「女性医師 転職」と入力し検索すればたくさんの女性医師の転職サイトが出てきます。

既婚の女性医師の場合、当直ができない、出産によりブランクがある、託児所が必要など、男性医師と比べると、病院に対する要求や職場環境や条件が多くなり、転職が厳しくなるケースも多いのも事実です。しかし、女性医師専門の求人サイトなどを利用する事により、細かい条件を提示した上で、求人情報を提供するところもあるので、女性医師が転職を考える際、是非活用してみたいものです。

☆女性医師の転職に役立つ「女性医師バンク」

日本医師会が運営しているサイトである「女性医師バンク」は女性医師が仕事を探すためのサイトであり、会員登録を行わなくても求人情報を閲覧する事ができ、勤務地や勤務形態を知る事ができます。

さらに求人情報の詳細や条件を知りたい場合、会員登録をすることにより細かい条件に合った求人内容を閲覧する事ができます。またさまざまな相談にも「女性医師バンク」が対応しており、医師であるコーディネーターが電話や面接等で対応してくれます。

日本医師会女性医師バンク
| 医師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【おすすめ記事】

女性の転職を成功させるコツとは?

どんな仕事があるのか?資料請求してみよう!

【よく読まれている記事】

1位:面接時のかばんについて

2位:面接時のネイルについて

3位:企業が女性雇用するメリットとは?

4位:面接時のストッキングについて

5位:面接時のストッキングについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。