女性の転職における活動ポイント

女性の転職活動の注意点

女性が実際に転職活動をする際、どのような点に注意すればよいのでしょうか?まとめてみました。

☆転職活動の時期

女性が転職活動をする際、企業がいつごろ人材を求めているのかは気になるところです。

具体的には中途採用の場合、11〜12月が多いと言われています。理由としては新卒採用の前に人材を確保するためです。特に12月決算の企業はそのような傾向にあり、12月になると中途採用を打ち切る場合が多いと言われています。

採用予定人数に満たない場合、この時期の採用選考はスピーディに行われ、応募から入社までの日数が短いため、転職を急いでいる人にとってはチャンスと言えます。11〜12に転職活動を行いチャンスを広げて行きましょう。

しかし、大手企業ではなくベンチャー企業などは11〜12月以外に募集をするケースがあり、常に転職活動を意識していれば案外求めている企業に出会うかもしれません。

☆転職先の各条件のチェック

女性の転職の場合、年齢、独身か既婚、育児などにより企業に求める条件がかなり変わってきます。

独身で働きたいと思う女性なら将来的に経験を積んでいけば役職に就けるかどうかチェックしておきましょう。

既婚女性の場合、家庭を持っているとどうしても、育児や夫との休日に自分の休日を合わせたいなどの制限が発生してきます。企業によりますが、個人の要望に合った勤務条件を採用してくれるところもありますので、事前に必ずチェックしておきましょう。

☆女性の転職における男性との相違点

女性が転職活動を行う際、知っておくべき点があります。働く女性が増えてきたからと言って必ずしも、企業の女性に対する偏見がまだ残っている点です。残念ながら事実として受け止めておいた方がいいでしょう。

多くあるケースとして、面接の際今後女性としてどのように生きていくかなどの質問を受ける可能性が非常に高いです。具体的には、結婚や出産、育児に関する質問です。あなたの考えをしっかり話しておかないとその後に影響があるのは言うまでもありません。当然ですが企業側からしても結婚や出産で辞められるのなら男性を採用したいと考えるでしょう。

さらに子供がいる場合は、女性側が主に世話を見ているとしても、夫婦で協力して子育てしている点をしっかりとアピールしましょう。もちろん、これから就業に付きたいと思っている女性は夫にも子育てを協力してもらえるよう、お願いをしておくべきです。既婚女性の就業は家庭や必要ならば親などの協力が必要になります。

女性の企業においての偏見として、子育てをしている女性なら、遅刻、早退、欠勤などが多くなると考えられている点です。女性が転職もしくはこれから就業に付く場合でも採用する企業側がそのような点が気がかりであると言う点を知っておくべきですが、育児が仕事に影響の無い体制を整えている点をしっかりアピールしていれば、おのずと企業側は採用不採用を能力で判断するでしょう。

残念ながら女性の場合、結婚や出産、育児と言った点で、同じ能力なら男性の方を企業は採用する傾向があると言えますが、就業に差し支えないのであれば、企業も純粋に実績や利益を求めているものであり、また女性にしかないセンスや考えを取り入れたいと考えている点を忘れないで下さい。
【おすすめ記事】

女性の転職を成功させるコツとは?

どんな仕事があるのか?資料請求してみよう!

【よく読まれている記事】

1位:面接時のかばんについて

2位:面接時のネイルについて

3位:企業が女性雇用するメリットとは?

4位:面接時のストッキングについて

5位:面接時のストッキングについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。