女性の転職 結婚について

女性の転職において結婚は不利?

女性の転職において独身か既婚かは、かなり左右されると考えるべきです。では実際にどのように影響するのかまとめてみました。


☆結婚前の女性の転職について

女性の転職において結婚や出産はかなり影響のある事項です。

以前は、女性は結婚する時に男性から結婚後は仕事を辞めて家庭に入って欲しいと望まれていたケースが多かったですが、それでも女性の仕事への定着率は高いと言えます。

女性が結婚すると言う事は新しい家庭生活が始まり、出産や育児と言う大きな役目も果たさなければならなくなってきます。独身の頃のように自分中心で仕事をする事は困難であると言えます。

特に20代のいわゆる結婚適齢期に女性が転職する場合、雇う側からすれば結婚後は辞められるのでは?と考えるケースが少なくなく、その分男性に比べ不利になってしまうかもしれません。男女平等と言えども採用する側にとってはせっかく仕事ができるようになったのに結婚や出産で退職や休職されるのはおめでたい事ではありますが必ずしも歓迎される事ではないのです。

結婚や出産は今の私には関係ない、と考えている女性でもいつ、どのようになるか分かりません。ある程度はその事について考慮しておいた方が良いでしょう。

女性が転職される場合、勤務時間や残業時間、休日の有無、産休制度や育児制度があるかなどを確認しておいた方が無難です。これらの内容は転職情報に記載されているケースが多いですが、なければ問い合わせておくべきです。労働条件の確認は良い転職の第一歩となります。

☆結婚後の女性の転職について

女性が結婚後に転職するにはどうしても家庭との両立が不可欠と言えるでしょう。勤務時間や勤務地などの待遇を考慮した転職先探しとなるでしょう。

しかし実際には結婚後の女性は条件の整った転職先の数を考え、なかなか踏み出せない人が多いかもしれません。

採用する企業側からすれば、結婚されている女性を雇うのは、出産や休職などを考えると採用そのものが決断しにくいかも知れません。しかし、職種や企業によっては結婚されている女性の方がメリットがあると考え、積極的に採用する企業もありますからじっくり探せばあるかもしれません。もちろん産休などの条件の確認をしておく事は言うまでもありません。
【おすすめ記事】

女性の転職を成功させるコツとは?

どんな仕事があるのか?資料請求してみよう!

【よく読まれている記事】

1位:面接時のかばんについて

2位:面接時のネイルについて

3位:企業が女性雇用するメリットとは?

4位:面接時のストッキングについて

5位:面接時のストッキングについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。