女性の雇用形態

女性の雇用体系は大きく分けて三つに分けられます。正社員、派遣社員、パートタイマーです。

それぞれ長所、短所がありますが転職される女性の環境や望みに大きく左右されるでしょう。また、派遣社員やパートタイマーから正社員への方法もあり、必ずしもスタートがその後に影響するとは限りません。実際に雇う企業、会社側からすれば、実力のある方なら男性であろうが、女性であろうが戦力になり、会社として利益が見込めるのなら正社員として迎え、安心して働いて頂いた方がメリットがあります。

正社員への雇用は必ずしも景気などのみには左右されない事実です。やる気を持って仕事に望み、高度な技術や知識を取り入れるよう努力する事は決して無駄ではありません。責任を負う立場にはなりますが、このような方法で正社員になる事もあります。


☆正社員
正社員になれば、保険なども付き安心して働けます。しかしその分、責任も負わされます。もしどうしても、やってみたい仕事であれば正社員になって責任まで負った方がやりがいも感じるはずです。しかし実際問題、最初からやりたい仕事にありつけるケースも少なくなく、どうしても雇う側の指示に従わなければならない場合が多いでしょう。また雇う側としても保険などは会社負担になる訳ですから、せめて給料と会社負担分の仕事はやってもらうと言う考えになります。

やりたい仕事があったとしても、まずは派遣やパートタイマーからスタートする方が、企業、会社側からすれば実力のある人なら正社員への登用は無理なく行われるでしょう。

ただ、正社員になったと言っても一生安心と言う訳でもありません。しかし、収入や保険を考えるとやはり正社員はメリットが大きいと言えます。


☆派遣社員

派遣社員は人材派遣会社に登録しておき、契約期間のみ働くと言う形態です。

最近では経費削減で正社員を雇わずに派遣社員で補う形の企業、会社が増えています。正社員より給料や保険などの面でメリットがあるとは言えませんが、社会保険や雇用保険に加入する事も可能です。また、責任も正社員ほど負う必要もなく、パートタイマーのように時間的に融通が利くのもメリットといえるでしょう。

さらに、キャリアアップしたいのならパートタイマーよりも派遣社員の方がしやすいと言う点が挙げられます。どうしても働きたいと思う大企業などがあれば最初は派遣社員で働きキャリアアップできれば正社員として採用されるケースは高いと言えるでしょう。


☆パートタイマー

パートタイマーの最大のメリットは時間の融通が利く事でしょう。多くの女性が子育てをしながらパートタイマーで働いています。

正社員として働いている女性にとって子供の成長と共にどうしても働く環境は変わってきます。正社員の場合、どうしても融通が利かないケースもあり、また子育てを中心に考えるとパートタイマーが適してると考える女性が多くなるのは必然と言えるでしょう。保育施設を利用すると言う手もありますが、お子さんが小学生になるとそのような施設を利用する機会が減ってくるのが現状です。
| 雇用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【おすすめ記事】

女性の転職を成功させるコツとは?

どんな仕事があるのか?資料請求してみよう!

【よく読まれている記事】

1位:面接時のかばんについて

2位:面接時のネイルについて

3位:企業が女性雇用するメリットとは?

4位:面接時のストッキングについて

5位:面接時のストッキングについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。